水泳

飽きないようにいろいろなトレーニングを取り入れる!

「ダイエットを意識した運動」となると、
どうしても「きついなぁ」となってしまうものです。

 

いろいろな雑誌、書籍には、何週間も似たようなトレーニングを実施して、飽きっぽい性格の人間には、どうしても続かなく、結局途中で挫折して自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

そうならないようにするために、さまざまな種類の
「体を動かす」方法をトレーニングとして取り入れることが有効です。

 

私の場合には、水泳、ジョギングです。

 

水泳は、力を抜いて、水に任せて体を浮かせ、手と足をばたばたさせます。リラックスをしつつ、20分以上ゆったり泳いでも十分有効な有酸素運動です。気が付かないうちに汗かいています。

 

ジョギングも、すこし頑張って走るとき、または、日によってLSD(ロング・スロー・ディスタンス」で、これまた距離を多くして、ゆったりと走る場面を作ります。

 

性格によると思いますが、私は同じコースを繰り返し、走ることが、リラックスできる方です。

 

慌てず、ゆっくり、ゆったり、まぁできる限りやろう。。という気持ちが、結果的に気が付いたら、結構続いているなぁということになると思います。やはり

 

このように水泳、ジョギングだけでも、工夫によって、いろいろなトレーニングとなります。ぜひ、一緒にトレーニングして、健康的なダイエットをしましょう!